信用と信頼の器。

増田組の型枠大工は
現場の便利屋さん?
人と人とのつながりを大切にした
「当てになる人」を目指して。

私たちの仕事は、まず始めに工場でコンパネと呼ばれるコンクリート型枠用合板で、壁や柱、梁などの形を作りそれを現場で組み立てコンクリートを流し込める様に流し込む型を作る仕事です。現場では、土工さん、鳶屋さん、鉄筋屋さん、左官屋さんなど多種多様な方といっしょに仕事を進めて行きます。当然工期の遅れが出れば次工程に迷惑がかかるので工期を守るのは絶対使命として取組んでいます。毎日の仕事は、スムーズにいく日ばかりではありません。隣の現場が困っていれば工期に遅れが出ないよう気前良く手伝うこともあります。なぜ応援できるのかは、仕事柄電動工具をはじめげんのう(ハンマー)、手ノコなどのハンドツールと力を持ちあわせた道具のデパートだからです。困った時は「増田組」と呼ばれる会社にしたいと思っています。

お知らせ

ホームページを公開いたしました。

2017/10/31