型枠大工とは

型枠大工とは

型枠大工の仕事

ビル建築は、鉄筋コンクリート工法、鉄骨コンクリート工法でおもに建てられています。その工法は、杭の上に鉄筋を組みこれを型枠で囲って柱などの形を作り、その中にコンクリートを流し込み固める工法で、このコンクリートを流し込む型を作る技能者を型枠大工といいます。
型枠大工の仕事は、ビル建築にとどまらず土木工事においてもコンクリートを使う工事は全て対象となり建築・土木両面からの需要があり専門職として重要視されています。

型枠工事の工程

  1. 現場チェック(打合せ)

    施工図をもとに現場調査を行い作業手順などの打合せを行います。

  2. 型枠の加工図作成

    施工図と現場調査をふまえ、柱、梁、壁、床等の寸法形状を算出し、加工図を作成します。

  3. 加工

    加工図をもとにベニヤ板、浅木を使用して原寸大の型枠を製作します。

  4. 現場にて組立て

    施工図をもとに型枠を組立てる柱、壁などの位置を決める墨出しを行い、その位置に加工した型枠を建てていきます。型枠は、精度と強度が必要となるため組立て作業は水平・垂直を常に確認し、流し込むコンクリートの圧力に耐えられるように考えて組立てます。

  5. コンクリート打設(立合い)

    流動性のあるコンクリートを流し込むため型枠にかなりの圧力がかかりますから型枠大工は打設中、常に型枠の点検を行います。
    ミスが許されない大変重要な仕事です。

  6. 型枠解体

    型枠に流し込んだコンクリートが固まったら型枠を取外し現場での作業終了です。
    その後仕上げ工事が始まります。

  7. 引揚げ選別管理

    引上げた資材を廃棄物、再利用物に仕分けします。環境にも配慮します。これが大まかな型枠工事の流れです。